アダパレンがニキビ治療を変える

新着記事一覧

この機会に、美味しい入れ方や種類などお茶に関する知識を補ってみましょう。

  • 肌が綺麗な女性

    薬用ホワイトニングもTRANSINOブランドは、美白をしたい女性にもこころ強いホワイトニングケア商品が目白押し...

  • ニキビ跡の対処法とは

    男女問わずニキビに関する悩みはいつの時代もなくなることはありません。 思春期に多くみられるニキビですが、200...

  • アクネケアをしている女の子

    人は十代後半になると、思春期になり、男性ホルモンの影響で、毛穴から出る皮脂成分の分泌量が増えます。 この皮脂...

  • 大人ニキビのメカニズム

    大人ニキビ、以前は吹き出物という表現をしていましたが、今は思春期以外の方に出来るものを大人ニキビと言うようにな...

アダパレンは
毛穴の詰まりを改善させ、
面皰ができにくくする塗り薬です。

ピーリングのような効果がありますので、しっかりと保湿する必要があります。

一般名アダパレン、通称ディフェリンゲルでニキビの治療をしニキビ知らずの肌を手に入れましょう。

十代の後半になると人は思春期になり、男性ホルモンの分泌が増えます。
このホルモンの作用により、毛穴に皮脂成分が増えてきます。
また、ヒトの皮膚は、約28日でターンオーバーをし、皮膚の下方で新しい細胞の層が上がってきて古い皮膚表目は角質となってはがれ落ちます。
この角質の一部が毛穴をさらに詰まらせてゆきます。

毛穴が詰まると表面に膜ができそこにぶつぶつ(面ぽうまたはコメドといいます)が出来てきます。
これが黒ニキビとか白ニキビというものです。
毛穴の奥には、誰でもアクネ菌という細菌が住んでおり、この細菌は皮膚をわずかに酸性にする事により、ほかの細菌を繁殖させないのですが、毛穴が詰まると、空気が毛穴に入ってこなくなりますので、異常に増殖を始めます。
この増殖により炎症が起きてニキビは赤くなります。
さらにアクネ菌が増え、毛包を崩し始めると、ニキビは黄色くなってきます。

ニキビは、青春のシンボルではなく病気です。
2008年に日本で使用を許可されたアダパレンという薬があり、皮膚科で処方をしてくれます。
アダパレンには、面ぽうをつくらなくする作用があります。
この効能により、新しいニキビができなくなり、古いニキビは面ぽうがはがれおちるので、アクネ菌が増殖しにくくなり、ニキビに効能が出てきます。
ただ、アダパレンを使用をはじめると皮膚にピリピリ感がでたり、皮膚が赤くなったり、皮膚の細かい皮がむけたりする副作用が出ます。
殆どの人にこの症状が現れますので、随伴症状とも呼ばれています。
しかし、約1カ月を過ぎると、これらの作用は消えアダパレンを使用はじめて大体4カ月で、皮膚はニキビが消えた状態に戻ります。
ニキビが顔に現れるとニキビは病気ですので、まず皮膚科へ行く事をお勧めします。

アダパレンの他にはダラシンTゲルという薬もあります。
以前、私がニキビに悩んで皮膚科へ行った時はこのダラシンTゲルを処方されました。
使用方法は洗顔後に清潔な手で、なるべく薄く患部に塗るだけです。
市販薬ではなかなか治りにくかったニキビでしたが、私には効果的でした。
ただし、誰にでも合うかどうかはわかりませんので医師の診断を受けて処方してもらうことをお勧めします。

ニキビは思春期やホルモンバランスが乱れている時、生活習慣の乱れなどでも出てきてしまいます。
完治したからといってもう二度とニキビにならないということは残念ながらありません。
ニキビが出やすい方は常備薬として家に置いておくのもいいと思います。
クリアウィンというジェネリック医薬品も販売されているため、コストを抑えたい方はジェネリックを使用するのもいいでしょう。

また、ダラシンTゲルは皮膚科だけでなく、個人輸入の通販でも買うことが出来ます。
ダラシンTゲルの通販ではジェネリックがさらに安い値段で販売されていますので、通販を利用するのも経済的でお勧めです。
↑以前利用したことがある通販サイトを参考までに紹介しておきますので価格や口コミを是非チェックしてみてください。